~服を売らない店員さんの~初心者ファッション塾

服を売るのも売られるのもうんざりしたから、マイペースにオシャレを教える元外見コンプレックスな店員のブログ

外見心理学をもとに体系的なオシャレを学べる
20代~30代メンズのためのファッションブログ

コミュ障を解消し彼女を作るコミュニケーション術【メディアで言えないディープな話 #6】

f:id:totalcoordinate-fashion:20190411142949j:plain


バックナンバー


 

改めまして、初心者ファッション塾編集長の小林です。

 

前回は『ファッションセンス』という部分を分解し、身につけるためのワークを紹介しました。

 

今回は『コミュニケーション』のお話です。

 

ファッションの『センス』と同様、コミュニケーションの『センス』も後天的に身につけることが可能です。

 

今回もオススメのワークを最後に用意しておりますので、ぜひ最後までお読みください。

 

コミュ障を解消し彼女を作るコミュニケーション術

f:id:totalcoordinate-fashion:20190405220329j:plain

前回は『自信』と『モテ』という話を、ファッションの切り口から解説しました。

 

しかし、やはり避けては通れないのはコミュニケーションです。


ですがファッションのセンスと同じで、 コミュニケーションのセンスも当然身につけることができます。

 

『コミュニケーション力とは一体何か?』ということを明確に理解し、それを身につけるための方法が論理的に分かれば、 必ずコミュニケーション力は上昇します。


そしてその秘密を垣間見るのに分かりやすい例が、『芸人』のコミュニケーション力になります。

 

岩尾さんのようなブサイク芸人が、なぜかバンバン可愛い彼女を作っているのはなぜか

f:id:totalcoordinate-fashion:20190411142017j:plain

考えてみてほしいのですが、テレビでよく紹介されている芸人の彼女さんが、なぜかみんな可愛いなと思ったことはないでしょうか。

 

そして、可愛い彼女がいる芸人がみんなイケメンか?というと、決してそんなことはないんですよね。

 

例えば、ブサイク芸人としてよく取り上げられるフットボールアワーの岩尾さん。

 

岩尾さんの歴代彼女はみんな美人で有名です。

 

相方の後藤さんに番組内で「あいつの歴代の彼女みんな知ってるけど、美人しかおらんねん!」と言わしめるほど。

 

そして、岩尾さんの根底にあるモテる要素は『自信』です。この自信のメカニズムは前回もお話ししました。

 

そして、その自信の上に『コミュ力』があります。岩尾さんに限らず、芸人さんはコミュ力の高い人がとても多いです。

 

芸人さんのコミュニケーション能力

僕自身も、大阪にある『芸人バー』というところに一度行ったことがあります。

 

そこでは芸人さんと同じ席でお話が出来るのですが、やはりみなさんものすごいコミュ力が高かったことを覚えています。

 

(ちなみに有名な芸人ではなく、超アングラな地下芸人ばかりがいるようなバーです。しかし、そんな無名な芸人さんでも例外なくコミュ力が高いです。)

 

「そりゃ芸人になるぐらいだから、元々コミュ力の高い人間が多いんでしょう?」

 

と思うかもしれません。もちろん中には生まれつきコミュ力の高い人間もいるでしょう。

 

しかし、実は多くの人の場合その『コミュ力』は生まれ持ったものではありません。後天的に身につけるものです。

 

ここで、少し『コミュ力の正体』について触れさせてください。

 

コミュ力の正体

f:id:totalcoordinate-fashion:20190411142949j:plain

さて、あなたはコミュ力の正体とは一体何だと思いますか?

 

  • プレゼン力?
  • 人の話を聞く力?
  • それとも頭の回転の速さ?

 

どれもそれっぽいですが、本質ではありません。

 

実は、コミュニケーション力というのは『共感力と対人不安』の二つで構成されています。

 

対人不安が強いほど、コミュ障になりやすい 

特に、昔の僕のようにコミュニケーションが苦手な人に多いのが、対人不安の強さ

 

前回お伝えしましたが、自信と不安は裏表の関係です。

 

つまり、

  • 自信がない人→不安が強い
  • 自信がある人→不安が少ない

ということ。

 

つまり、この『対人不安』を克服することに、コミュ力向上のエッセンスが詰まっているといっても過言ではありません。

 

ですので、コミュニケーションに自信が持てない人は、コミュニケーション時の不安材料を少なくし、『対人不安』を減らしてあげればいいわけです。

 

芸人のコミュ力の秘訣

f:id:totalcoordinate-fashion:20190411142331j:plain

そこで、先ほどの芸人の話に戻りますが、当然芸人はコミュニケーション慣れしているので、必然的に人よりも対人不安が少ない状態になります。

 

もちろん場数を踏んだことによる、『慣れ』が不安を減らしてくれるというのはあります。しかしこの他に、対人不安を少なくしている原因がもう一つあります。

 

いきなり場数を踏めと言われても、対人不安の強い人にとっては難しいですよね。

 

そこで、場数を踏まずとも対人不安を減少させる、裏技的な方法をご紹介しようと思います。

 

これは南メソジスト大学の研究で2018年に発表された、外向的な人間になる(=コミュ力を上げる)ための方法の1つで、特に効果のあるものとして紹介された科学的に根拠のある方法です。

 

返しの引き出しを作っておく

対人不安はもちろん漠然とした『不慣れ』によるものもありますが、それ以前にコミュニケーションが苦手な人は『話の返し方の引き出し』があまりにも少ない傾向があります。

 

当然場数を踏めば勝手に増えるのですが、返しの引き出しは場数を踏まなくても増やせます。

 

要するに、事前に自分の中でスクリプトを作っておけばいいのです。

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20190411135336j:plain

 

様々なシチュエーションにおいて(特によく遭遇するシチュエーションで)、実際その場面になったときに返すフレーズを事前に考えておくわけですね。

 

例えば、


ーーー

職場や学校でそこまで仲良くない久しぶりの人と会って、軽く立ち止まって話す流れになった

ーーー

 

というシチュエーションの場合。

 

よくあるシチュエーションですが、どんな話を提供して良いか分からなくてあわあわしてしまう事、結構よくあると思います。

 

その結果、話がちぐはぐになったり、微妙な空気で気まずい感じになったりして焦って、さらに苦手意識が強まる・・・

 

という悪循環になります。

 

このケースの具体例 

例えばこういうケースなら、僕は大体こういうフレーズをまず最初にかけると決めています。

 

ーーー

「久しぶり!最近どう?忙しい?」

ーーー

 

最近元気?みたいな返しはよくありますが、これだけだと話が広がらないんですよね。

 

ですが、『最近どう?忙しい?』というフレーズを投げると、必ず何かしら話の広がりが生まれます。

 

仕事に打ち込んでいるなら仕事の話に、趣味やプライベートに打ち込んでいるならその話に、というようにスライドしていくわけですね。

 

いずれにせよ打ち込んでいる話になるわけなので、あとは相手にそれを話してもらうだけである程度盛り上がる会話が成立する、というメカニズムです。

 

想定されるシチュエーションで返しのテンプレを作っておく

f:id:totalcoordinate-fashion:20190411141051j:plain

そんな感じで、日常生活でよくある地味に困るシチュエーションでの、返しのテンプレを決めておくわけです。

 

例えば、

 

  • 初対面でどんな仕事をしているか聞かれた時のテンプレ
  • 初対面で話が続かなかった時に切り出す話のテンプレ
  • デートの待ち合わせで最初に切り出す話のテンプレ

 

などはあると便利ですし、もっとあなたの日常生活におけるニッチなシチュエーションでの返しも持ってると良いでしょう。

 

ノートやメモ帳に事前にリストアップしておき、定期的に見返すようにすれば自然と引き出しは増えていきます。

 

困ったシチュエーションに遭遇する度に増やして行けば、どんどん対応力が磨かれていき、対応できるということは不安感が減少する。

 

対人不安が減れば自信がつくので、コミュ力は勝手に上がっていくわけですね。

 

この対人不安を減少させる方法はいろいろありますが、即効性があり場数を踏めなくても取り組めるのがこのワークなので、ぜひ実践してみてください。

 


▼ワーク

自分の日常生活でよくあるシチュエーションでの、返しのテンプレを作ってみる。


 

あとがき:

今回もかなり具体的な話になりました。いつもお読み頂きありがとうございます。

 

さて、これまでは『自信』に重点を置いて、魅力的な人間になるためのお話を色々としてきました。

 

もちろん、これまで話してきた方法は数あるアプロ―チの中でも、非常に即効性が高く有効な方法です。今後も様々な方法をお伝えしていければと思っています。

 

しかし、どうしてもネックとなるのが『環境』という部分。どうしてもフィードバックがない分、身につくスピードは多少落ちてしまう所はあります。

 

もっと一刻も早く変化が欲しい!最速で自分を変えたい!という方も、当然いるのではないかと思います。現状が苦しければ苦しいほど、そうだと思います。

 

ですので、次回は一度そんな人のために『簡単・確実かつ、最短ルートで自信を付けモテる魅力的な人間になる』ためのプログラムをご紹介しようと思います。

 

これは、構想から1年以上をかけ、ようやく形にすることができた、科学と実践の両面から作り上げた超具体的なアプローチになっております。

 

そして、『メディアでは言えない話』の連続配信シリーズは次回で最後になり、ここからは不定期で配信させて頂きます。

 

連続配信は次回は最後になりますが、お楽しみに!

 


バックナンバー