~服を売らない店員さんの~初心者ファッション塾

服を売るのも売られるのもうんざりしたから、マイペースにオシャレを教える元外見コンプレックスな店員のブログ

外見心理学をベースに体系的なオシャレを学べる
20代~30代メンズのためのファッションブログ

【夏場の着回し対策】ワンパターンの悩みは帽子でサヨナラ!


このブログの著者:小林弥起(服を売らない店員さん)

『服を売らない店員さん』として初心者にオシャレをアドバイスしている、現役のショップ店員。毎月のブログ読者10万人とLINE@読者1500人に向けてせっせと記事を書いています。TEMPERという日本初の天パコミュニティや、オシャレの相談が出来るサロンなども運営中。→詳しいプロフィールはこちら

小林弥起
(服を売らない店員さん)

夏場に入ると、

必ずこんな悩みが出てきます。

 

 

夏場ってワンパターンに

なっちゃうんですよね・・・

 

 

そう、

 

 

夏場は冬のように重ね着できないので、

服装のパターンが限られてくるんですよね。

 

 

 

Tシャツにパンツ

 

 

そんなスタイルが基本になりますよね。

 

 

という事は、

 

 

変化を付けられる部分なんて

限られてくるという事です。

 

 

そして、

 

 

 

一番簡単に印象を変える事が出来るのが、

『帽子』になります。

 

 

帽子が似合わないという先入観

 

と、こういう話をすると、

 

 

必ず自分は帽子が似合わないから~

 

 

と言い出す人がいます。

 

 

そして僕自身そうでした。

 

 

似合わない似合わないと

言われ続けてきたし、

 

 

自分でもそう思っていましたが、

 

 

今では週6で帽子を使う

ヘビーユーザーになりました。笑

 

 

帽子が似合わない・・・

 

 

と思い込んでいる方は

一度この記事をどうぞ。

 

 

www.yaoki-fasnavi.com

 

 

最近見つけたこの記事によると、

 

 

帽子屋さんのプロですら、

 

 

帽子が似合わない

なんてことはない!

 

 

ときっぱり言っちゃってます。

 

 

gakumado.mynavi.jp

 

 

 

 

帽子で印象を変えられるのはなぜか

 

例えば夏場であれば、

 

 

・麦わら帽子をかぶるのか

 

・ハットをかぶるのか

 

・キャップをかぶるのか

 

・キャスケットをかぶるのか

 

 

 

これらによって印象はかなり

変わりそうな事は、

 

 

想像に難くはないですよね。

 

 

なぜ帽子で印象がかなり

変わってしまうかというと、

 

 

単純に、帽子が相手の目線の

すぐ近くにあるからなんですよね。

 

 

あなたの顔の真上です。

 

 

絶対に目に入ります。

 

 

イヤでも目に入ってしまう位置にある上、

 

 

ある程度の面積もあるので

当然目立ちます。

 

 

ってなわけで、

 

 

夏場は帽子を使って印象を変えよう!

 

 

 

というのが今回のテーマになります。

 

 

ではここから、

 

 

夏場に使える帽子たちを

紹介していきたいと思います。

 

 

夏場に使える帽子①

ストローハット

 

http://ecx.images-amazon.com/images/I/31EVboWMTFL.jpg

http://ecx.images-amazon.com/images/I/31EVboWMTFL.jpg

 

 

http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/12/a8f7aa6fd5da60a160597a5e3b6e43959eddb55b.47.1.12.2.jpeg

http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/12/a8f7aa6fd5da60a160597a5e3b6e43959eddb55b.47.1.12.2.jpeg

 

まずは夏場の大本命、

ストローハットですね!

 

 

麦わら帽子のことです!

 

 

結構麦わら帽子に対しては

 

 

「少年っぽいな~」

 

 

とかそういう先入観が

強い方も多くいらっしゃいますが、

 

 

実際そんな事は無くて、

全ては着こなしの問題です。

 

 

http://i7.wimg.jp/coordinate/36u6j1/20150821143842117/20150821143842117_500.jpg

wear.jp

 

http://i7.wimg.jp/coordinate/1gy4xj/20140815082525822/20140815082525822_500.jpg

wear.jp

 

どちらも爽やかでオシャレですね。

 

 

ベースボールキャップ

 

http://fashion.pintoru.com/hat-cap/hat-cap_uploads/2014/11/Baseball-cap-1.jpg

http://fashion.pintoru.com/hat-cap/hat-cap_uploads/2014/11/Baseball-cap-1.jpg

 

ベースボールキャップと言いましたが、

 

 

このような形のキャップ全般を

ベースボールキャップと呼びます。

 

 

ストレートキャップとも言いますかね。

 

 

http://i7.wimg.jp/coordinate/v0lnff/20160519064707184/20160519064707184_500.jpg

wear.jp

 

もちろんストリートっぽい

着こなしにもできますが、

 

 

こんな風に綺麗目に

合わせることも可能です。

 

 

キャップ後ろかぶり

 

せっかくキャップを買ったなら、

幅広く使っていきましょう。

 

 

先ほどのキャップを後ろに

かぶってしまえばいいのです。

 

 

http://i7.wimg.jp/coordinate/uj1ej3/20160525145233516/20160525145233516_500.jpg

wear.jp

 

普通にかぶるのとは、

また違った印象に早変わりしますね。

 

 

ローキャップ

 

http://image.rakuten.co.jp/biggwillie/cabinet/01313002/imgrc0070167337.jpg

http://image.rakuten.co.jp/biggwillie/cabinet/01313002/imgrc0070167337.jpg

 

そして今年大ブレイクのローキャップ

 

 

そういえばローキャップって

本来どういう意味なんですかね?

 

 

浅いという意味で『ロー』なのかな?

 

 

調べてもなかなか

明確な定義が出てこないのですが、

 

 

とりあえずは画像のようなつばの曲がった

キャップをイメージしておいてください。

 

 

カーブキャップとも言いますね。

 

 

ストレートキャップと違って

頭の形に添うような形状をしているので、

 

 

前髪と上手くなじむ

ような気がします(個人的に)

 

 

http://i7.wimg.jp/coordinate/plrqtx/20160525111002180/20160525111002180_500.jpg

wear.jp

 

http://i7.wimg.jp/coordinate/5kawit/20160511110807798/20160511110807798_500.jpg

wear.jp

 

 

白黒などのモノトーン系を使うと

スポーティーな感じに

なることが多いですね。

 

 

2枚目のようにベージュなどもおすすめで、

ちょっと優しい印象に。

 

 

キャスケット

 

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/headz-town/cabinet/nyh03-fld01/nyh03-000200.jpg?_ex=300x300&s=2&r=1

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/headz-town/cabinet/nyh03-fld01/nyh03-000200.jpg?_ex=300x300&s=2&r=1

 

 

最後はキャスケット。

 

 

キャスケットにも色々な形がありますが、

どれも共通して難易度が高いですね(^^;

 

 

初心者には結構ハードルが

高いかもしれませんが、

 

 

上手く被ればいっきに小洒落た

印象を与えることができます。

 

 

真っ直ぐかぶったり、

 

斜めに被ってみたり、

 

後ろにかぶってみたりしながら、

 

 

色々と試してみてください!

 

 

http://i7.wimg.jp/coordinate/wg6qbl/20160512175111173/20160512175111173_500.jpg

wear.jp

 

 

 

まとめ

 

ワンパターンになりやすい夏場は、

 

 

プリントTなどを色々買って

印象を変えようとしてしまいがちです。

 

 

ですが、プリントTよりも

 

 

慣れないうちは無地Tを着まわす方が

初心者には圧倒的にオススメです。

 

 

そんな時、このようにして

帽子で印象を変えてやると、

 

 

ワンパターンになりやすい夏場も

一気に表情豊かなコーデが出来るはず。

 

 

ぜひあなたも、

自分に合った帽子を探してみてください!

 

 

オススメEBook(無料)

 

”E-Book”とはスマホでも見れるような

簡単な文章ファイルです。

 

LINEマンガがありますが、あれの

普通の本バージョンみたいなものですね。

 

雑誌やネットを見ても全然分からず5年

悩まされた僕自身の経験をもとに、

初心者がおさえるべきツボ』に特化した

オシャレ初心者のバイブルとも言える

マニュアルに仕上げています。