読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~服を売らない店員さんの~初心者ファッション塾

服を売るのも売られるのもうんざりしたから、マイペースにオシャレを教える元外見コンプレックスな店員のブログ

外見心理学をベースに体系的なオシャレを学べる
20代~30代メンズのためのファッションブログ

服屋さんに行ったとき守っておきたい”7つのマナー”


↓春コーデ特集ページスタート↓


このブログの著者:小林弥起(服を売らない店員さん)

『服を売らない店員さん』として初心者にオシャレをアドバイスしている、現役のショップ店員。毎月のブログ読者10万人とLINE@読者1500人に向けてせっせと記事を書いています。TEMPERという日本初の天パコミュニティや、オシャレの相談が出来るサロンなども運営中。→詳しいプロフィールはこちら

小林弥起
(服を売らない店員さん)

f:id:totalcoordinate-fashion:20160520214613j:plain

 

こんばんは、服を売らない店員さんの小林です。

 

 

僕は、今も現役でアパレルのアルバイトスタッフ

としても働いているのですが、

 

 

服屋さんでは客側としてある程度

守るべきマナーというものがあります。

 

 

・勝手に試着しても良いのか?

 

・服はたたんで戻すべきなのか?

 

・試着したら店員に見せるべきなのか?

 

 

 

特にオシャレに鈍感で、服屋さんに

行った事があまりない人からしたら、

 

 

この辺のマナーが分からずに

色々気になったり緊張して

 

 

買い物に集中できない事も

多いですよね。

 

服屋で守るべき7つのマナーをご紹介

僕たち店員側からしたら

当たり前のことも、

 

 

行った経験が無ければ知らないのも

不思議ではありませんし仕方ないです。

 

 

服屋さんに行くこと自体の

ハードルが高くなってしまい、

 

 

店に行くことが嫌になってしまう。

 

 

結果、

 

 

『もうオシャレなんて別にいいや』

 

『ネットで買おう』

 

 

こうなってしまうのは

分かり切った事ですよね。

 

 

しかし、

 

 

服選びにおいて実際にサイズ感を

確認してから買う

 

 

というのはメチャクチャ大事です。

 

 

今日は、

 

 

2年間店員として働いている僕が、

 

 

お客さん側として守るべき

7つのマナー・お客様側の疑問を

まとめてみました。

 

 

これを読めば

あなたもこれから安心し、

 

 

リラックスしてお買い物

出来るようになりますよ^^

 

 

マナー①『試着前には声をかける』

 

まずは、

 

 

試着する前に店員さんに

声をかけたほうがいいのか?

 

 

 

という問題です。

 

 

これは、『かけるべき』です。

 

 

意外と、かけるべきかどうか

疑問に思っていた方も多いはず。

 

 

ですがマナーとしては

試着前に店員さんに、

 

 

「すみません、試着して良いですか?」

 

 

と一声をかけるのが常識です。

 

 

これをフリーにしてしまうと店側としては

万引きなどの恐れもありますし、

 

 

また変な扱い方をされると

 

 

店員側としてもB品(傷や汚れなどが付いて

売れなくなったもの)にされないか心配です。

 

 

特にセレクトショップなどでは

必ず声をかけるようにしましょう。

 

 

ただしユニクロやH&Mなどの

ファストファッションのお店では、

 

 

 http://content.mery.jp/1100x2000/images/1342346/Uniqlo1.jpg/original

http://content.mery.jp/1100x2000/images/1342346/Uniqlo1.jpg/original

 

 

 

 

お客さんが多すぎて毎回

かけられるのも大変でしょうし、

 

 

例えば

試着室を使わずに軽く羽織る

 

 

くらいであればかけなくても

OKだと思います。

 

 

ですが、いずれの場合でも

試着室を使って試着する場合は

 

 

店員さんに一声かけるのがマナーですし、

その方がお互い気持ちよいです。

 

 

ちなみに店員さんなどが

どうしても見当たらない場合は、

 

 

勝手に試着してしまって大丈夫です。

 

 

その場合は、

 

 

きちんとお客様対応

できていない店側が悪いですよね。

 

 

マナー②『店内で飲食は厳禁』

 

これは服屋に限らず店では常識ですが、

意外と最近守れていない方が多いです。

 

 

特に、学生など若い方に多いですね。

 

 

ジュースを飲みながらだったり、

 

 

女子学生がスタバを持ち歩きながら

服を見ていたりするのを見かけます。

 

 

http://blog-imgs-71.fc2.com/p/a/n/pannohito/CAwKr02UwAELFjN.jpg

http://blog-imgs-71.fc2.com/p/a/n/pannohito/CAwKr02UwAELFjN.jpg

 

 

これは完全にNGです。

 

 

店員側としても、

見ていて『ムッ』としてしまいます。

 

 

もしその飲食物をこぼしたりして、

 

 

服を汚してしまった場合

きちんと責任を取れるでしょうか?

 

 

服屋に限らず、

店内で飲食するのは絶対にNGです。

 

 

100%守るようにしましょう。

 

 

マナー③『店を出る時は挨拶をする』

 

服屋さんに行けば、接客をされますよね。

 

 

向こうからしてくる場合もあれば、

 

 

こちらから質問して

全部親切に答えてくれることもあります。

 

 

困っていそうな時に、

声をかけてくれる場合もあります。

 

 

そうやって親切に対応

してくれた店員さんには、

 

 

何も買わなかった場合もきちんと

 

 

『ありがとうございました』

 

 

と笑顔で挨拶してから店を出ましょう。

 

 

こうすると、買わなくても

どちらも気持ちよくなれますよね。

 

 

そんなささいな事でも、

店員さんは嬉しく思うものです。

 

 

マナー④『荒らし過ぎない』

 

特に大阪など関西なら、

 

 

おばちゃんがTシャツをぐっちゃぐちゃに

したり広げまくったりしながら、

 

 

そのままどっか行ってしまった。。

 

 

って事があります。

 

 

服をたたむのも店員の仕事なので

多少は全然OKなのですが、

 

 

このように荒らし放題にするのは

常識としておかしいと思います。

 

 

きちんと畳まなくても、

 

 

元あった場所にぐちゃぐちゃに

ならない程度に戻しておくか、

 

 

店員さんに

 

 

「ありがとうございました」

 

 

と言って返しましょう。

 

 

マナー⑤『接客されたら買わないといけないのか?』

 

これも良く聞く疑問ですよね。

 

 

店員さんにたくさん接客されたから、

やっぱ買わなきゃいけないのかな、、、?

 

 

 

と思って、『いらないかな』と

思ったものでも買ってしまった。。

 

 

あなたもこういう経験が

あるかもしれません。

 

 

結論から言うと、

別に買わなくてOKです。

 

 

最終的にその商品を買うかどうかは

お客様が決める事です。

 

 

というか、

そんなことは当たり前ですよね。

 

 

少し気が引けたとしても、

 

 

ありがとうございました、

もうちょっと考えてみます。

 

 

笑顔で断ればOKです。

 

 

意外と、接客して買わなかったら

嫌な顔をする店員や、

 

 

ゴリ押そうとしてくる店員もいますが、

それは無視すればOKです。

 

 

買うか買わないかはお客様が決める

というのは当たり前ですし、

 

 

それに対して腹を立たせるような店員は

絶滅してしまえばいいと思います(笑)

 

 

そんな店員は一言で言えば、

『バカ』ですね。(笑)

 

 

気を遣わずに、

断って何の問題も有りません。

 

 

マナー⑥『試着したら店員に見せるべきなのか?』

 

もう一つ、

これも良くある疑問ですよね。

 

 

店員さんに声をかけて、

試着室まで連れてきてもらった。

 

 

試着を終えたんだけど、

店員さんから声がかからない。

 

 

開けてみても、見当たらない。

 

 

こういう時って待った方がいいの?

 

 

http://images.keizai.biz/umeda_keizai/photonews/1442540377_b.jpg

http://images.keizai.biz/umeda_keizai/photonews/1442540377_b.jpg

 

 

こんな疑問を持たれている方が

多いようですが、

 

 

結論から言うと、

見せる必要は特にないです。

 

 

自分で見て、

 

 

どうか判断が付いたならそのまま

試着室を出てもOKです。

 

 

分からない場合や相談したい場合、

何か聞きたいことがある場合には

 

 

店員さんに見て貰えばいいです。

 

 

そして、それを買うのであれば

店員さんに伝えてお会計に進むか、

 

 

あるいはまだもう少し見ますねと伝えて

店内を回りましょう。

 

 

逆に買わない場合

店員さんに返すか、

 

 

店員さんの手があいていない場合は、

元あった場所に戻しましょう。

 

 

まだ少し考える場合は、

 

 

「もう少しだけ悩んでもいいですか?」

 

 

と伝えればOKです。

 

 

いずれにせよ、

ハッキリ伝えればOKです(笑)

 

 

日本人は特になぜかこの辺を

変に気を遣ってしまうんですよね。笑

 

 

マナー⑦『取り置きしてもらったら買うべきなのか?』

 

「買いたいけど財布にお金が・・・」

 

 

そういう時ってありますよね。

 

 

あるいは、他店舗の在庫を

確認してもらって取り寄せてもらう場合

 

 

そんなときはお店に商品を

お取り置きしてもらう事も可能です。

 

 

こういう場合、

 

 

「やっぱりやーめた」

 

 

というのはあまりよろしくないです。

 

 

もちろんどうしても買えなくなった、、、

という時もありますよね。

 

 

そういう場合は、

きちんと謝って、伝えましょう。

 

 

まとめ

 

以上、服屋さんで守るべき

7つのマナーでした。

 

 

もちろんこの他にも細かい話を

するとキリがないですが、

 

 

常識的な事さえしていれば、

 

 

この7つを押さえておけば気兼ねなく

お買い物に集中できると思います。

 

 

是非、今後のお買い物にお役立て下さい^^

 

 

それでは!!

 

メンズファッションを学ぶ8つのステップ