~服を売らない店員さんの~初心者ファッション塾

服を売るのも売られるのもうんざりしたから、マイペースにオシャレを教える元外見コンプレックスな店員のブログ

外見心理学をもとに体系的なオシャレを学べる
20代~30代メンズのためのファッションブログ

ユニクロ価格でセレクト品質。SOCIAL WEARがそんな時代を生み出すかも知れない。


f:id:totalcoordinate-fashion:20180627182054j:plain

sponsored by LIONHEART

このメディアの編集長:小林弥起(服を売らない店員さん)

『服を売らない店員さん』として初心者にオシャレをアドバイスしています。毎月のブログ読者30万人とLINE@読者10000人に向けて、初心者でも外見を変える方法を発信。TEMPERという日本初の天パコミュニティや、買い物同行などもやっています。→詳しいプロフィールはこちら

小林弥起
(服を売らない店員さん)

f:id:totalcoordinate-fashion:20180426165712j:plain

セレクトショップのクオリティがユニクロ価格で。ついにそんな時代が来てしまうかもしれません。

ユニクロやGUなど、安価なブランドでもしっかりオシャレできる今の時代。安くても、それなりに高いクオリティの洋服もたくさん出てきました。

もうユニクロで十分じゃね?


そう感じている人も間違いなく増えています。

そして僕も、Tシャツ・パンツなど、ベーシックなアイテムはユニクロで十分だと思っています。

しかし、そんな僕に『おい、ちょっと待てよ?』と思わせるブランドが登場してしまいました。

それが、SOCIAL WEARです。

僕はこのSOCIAL WEARを、とくに”このブログの読者に”向けて強くオススメしたい。そう思って記事を書きました。

 

 

TOKYO BASEの新ブランド『SOCIAL WEAR』

f:id:totalcoordinate-fashion:20180424155255j:plain

STUDIOUS・UNITED TOKYO の二つのブランドを軸に、右肩下がりのアパレル業界でひときわ異彩を放つのがTOKYO BASE。

そのTOKYO BASEが、さらにヤバい新ブランドを立ち上げたようです。

それがSOCIAL WEAR。
 

▼30秒で理念がわかるコンセプトムービーです。

世界には、一度も着られることなく処分されていく服が山のようにある。そんなの、馬鹿げている。

 
たったこれだけのメッセージ。でも、そこには色々なものが詰まっています。

このSOCIAL WEARの一体何がすごいのか。

 

初心者ファッション塾読者には”超ドンピシャ”

世の中には、数え切れない程のファッションブランドがあります。もちろん、それぞれのブランドには特徴もあります。

  • 洋服にはいくらでもお金をかけられる

  • 最低限の機能さえ満たせばどうでもいい


人によってオシャレに対する価値観や目的は違う。そして、よく使うブランドも大きく変わる。

それに対して、このブログを愛読してくださっている方は、おそらくこのような価値観の方たちだと思っています。

  • 最低限のオシャレはしておきたい。

  • 人より少しはオシャレでいたい。

  • でも、別に圧倒的なオシャレは求めていない。

  • かけられるお金にも限界がある。

  • 独特な着こなしより、ベーシックで洗練されたオシャレをしたい。


SOCIAL WEARは、そんな『初心者ファッション塾読者』の心を射貫きまくるブランドだと確信しています。

このデニムが5500円は正直おかしい。

f:id:totalcoordinate-fashion:20180424164305j:plain

↑ 実際に購入しました


例えばこの国内産のリジッドデニム。

値段はまさかの5500円です。

見るよりも触れば分かる、これがこの価格は普通あり得ないです。

値段だけではありません。
シルエットも素晴らしい。

f:id:totalcoordinate-fashion:20180424165457j:plain


ユニクロでは少し物足りない。だけどセレクトショップは高すぎる・・・。 

STUDIOUSやUNITED TOKYOみたいな、洗練された雰囲気を持った洋服をもっと手軽な価格で手に入れられたら・・・。

このようなことを思ったことがある人は多いと思います。

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20180424170237p:plain

値段にも注目

SOCIAL WEARではこんな『セレクトショップ級』のクオリティを、ユニクロに毛が生えたレベルの価格で取り扱っています。

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20180424155255j:plain

当ブログ読者限定で500円分の送料が無料になるクーポンを頂きました!5000円以上の購入で何度でも使えます。

【クーポンコード:fasnavi】

 

なぜ、そんなことが可能なのか?

SOCIAL WEARはとにかく安価で、なのに質の高い洋服をそろえているブランドです。

では一体、そんなことがなぜ可能になっているのか。

それはSOCIAL WEARの挑戦する『徹底的な無駄の排除』にあります。

 

SOCIAL WEAR3つのスゴいところ

①ネット販売限定にすることで、コストを徹底的にカット

f:id:totalcoordinate-fashion:20180424182534p:plain

実はSOCIAL WEARには、実店舗がありません。 

EC販売、つまりネット販売のみという大胆な方法をとることによって、様々なコストをカットしています。

リアル店舗をもつということは、お店の家賃や固定費などたくさんのお金がかかります。また、店頭に立つスタッフも必要なので給料分の人件費もかかる。

それらをカットすれば、もちろん販売費用は浮きます。

セレクトショップなど多くのブランドの原価率が25~40%と言われる中、SOCIAL WEARは驚異の60%

様々な工夫でコストを圧縮し、その分をお客様に還元しているわけです。

ネット販売限定のデメリット

f:id:totalcoordinate-fashion:20180424175908p:plain

ただし、もちろんデメリットも存在します。

ネット販売限定ということは、つまり試着ができません。試着も出来なければ、購入前に実際に手に取って見ることもできません。

これらはZOZOTOWNのZOZOSUITSのような新たな技術でカバーしていくことになると思います。

細部にまで徹底的にこだわる人でなければ、ぶっちゃけ大体のサイズ感が合ってれば多少の誤差は気にしないという人も多いんですよね。(僕もモノによりますが、割とそういうタイプですw)

そして、実際のところリピート率は非常に高いようでした。

一度買ってがっかりされたら、二度目はありません。

つまり、そんな中でリピートしてもらえるということは、しっかりとクオリティを感じさせているという事実の裏返しにもなります。

 

②受注予測生産というスタイル

f:id:totalcoordinate-fashion:20180424182547p:plain

もう一つ、SOCIAL WEARの大きな特徴が『受注予測生産』です。

ふつう、服を作る時にはシーズンが始まる前に『何が、どれだけ売れそうか?』という予想を立てて作ります。

しかし、完璧に当たることなんてもちろんありません。売れすぎて在庫切れになるものもあれば、売れなくて在庫過多になるものもある。

そこで在庫が残ってしまった服は『セール』という形で、格安価格で売りさばきます。

作り手側もこうなることは最初から分かっているので、セールの価格前提で洋服を作っています。

(なんだよ、安くなってんじゃんかよ!という経験は皆さんされたことがあると思います。それです。)

そして、セールでも売り切れなかったものが過剰在庫となり、余った服は処分されます。

もちろん売れ残った分だけ、余分なコストが発生します。

 

予約販売をベースに生産する

その過剰在庫をカットするSOCIAL WEARの戦略が、受注予測生産。

受注生産とは、注文が入った分だけ生産するという方法。つまり、受注生産だと『作りすぎて余ってしまう』ということがありません。

もちろんここにも色々問題はあるのですが(ここでは省きます)、これによって『セールをしない』というスタイルがとれる。

『SOCIAL WEARは基本的にセールをしません。』


担当者の方と話すと、いつも強調されている部分がここ。

確かに『セールで安くなるのを見込んだ価格設定』ってちょっとおかしいですよね。ある意味『だましている』とも言えます。

ここをクリーンにしているのがSOCIAL WEARです。

 

③ベーシックかつ高品質なアイテム

f:id:totalcoordinate-fashion:20180424182559p:plain

そしてもう一つオススメ出来る理由があります。

一つSOCIAL WEARの販売スタイルのデメリットとして、デザイン性が少し弱くなるという部分があります。

しかし、当ブログの読者にとって、そこはほぼデメリットではありません。

むしろ『シンプルで洗練されたオシャレ』を目指す我々にとって、『スタンダードなデザイン』というのはありがたいくらいの話じゃないでしょうか?

  • 余分なデザインはいらない。
  • ベーシックな洋服でいい。
  • だけど、品質はワンランク上がほしい。


僕はSOCIAL WEARというブランドはこのブログの読者にピッタリのブランドだと思っています。

だからこそ、こうしてわざわざ一記事を割いてまで紹介しています。

 

全てが日本製。

SOCIAL WEARはこの価格帯でありながら、全ての商品が日本製です。これはものすごいことだと思います。

実際に東京のオフィスの方へ行って担当者さんとお話させて頂き、商品を手に取らせて頂きました。どれも、その値段とは思えないような素晴らしい商品でした。

その後、せっかくなのでSTUDIOUSやUNITEDTOKYOの洋服もあわせて見せてもらいました。

その服を手に取りながら、担当者さんがポロっとつぶやいた言葉がとても印象的だったのを覚えています。

 

「ウチも負けてないと思うんだよなぁ。」

 

ただ『安い』から良いよね、というだけでなく、本当にその商品を愛しているようでした。

僕は割と人の気持ちを読み取るのが得意な方なのですが、その担当者さんの目は完全に『本気』の目をしていたのを覚えています。

 

ベーシックアイテムの選択肢として、SOCIAL WEARを推したい。

f:id:totalcoordinate-fashion:20180424155255j:plain

ユニクロはもちろん素晴らしいです。

でも、もうワンランク上のクオリティがほしい。だけど、高いセレクトショップには手が出ない。

そういう方は多いと思います。

この価格で日本製のこのクオリティを提供できるのは、今のところここしかないのではないでしょうか。

当ブログの読者に向けて、僕が自信を持ってオススメ出来るブランドの一つがこのSOCIAL WEARになることは間違いなさそうです。

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20180424155255j:plain

当ブログ読者限定で500円分の送料が無料になるクーポンを頂きました!5000円以上の購入で何度でも使えます。

【クーポンコード:fasnavi】