~服を売らない店員さんの~初心者ファッション塾

服を売るのも売られるのもうんざりしたから、マイペースにオシャレを教える元外見コンプレックスな店員のブログ

外見心理学をベースに体系的なオシャレを学べる
20代~30代メンズのためのファッションブログ

【即戦力配色テクニック!】同色は散らすべし!?


このブログの著者:小林弥起(服を売らない店員さん)

『服を売らない店員さん』として初心者にオシャレをアドバイスしている、現役のショップ店員。毎月のブログ読者10万人とLINE@読者1500人に向けてせっせと記事を書いています。TEMPERという日本初の天パコミュニティや、オシャレの相談が出来るサロンなども運営中。→詳しいプロフィールはこちら

小林弥起
(服を売らない店員さん)

こんばんは、小林です!

 

 

今日は珍しく、

テクニック記事になります。

 

 

さて、

 

 

コーデを考える際に必ず考える

必要がある事の1つが、

 

 

『色』ですよね。

 

 

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20160428192837j:plain

http://blog-imgs-13.fc2.com/c/y/o/cyobinosuke/20070917154728.jpg

 

 

あなたも朝、家を出る前に、

 

 

「今日の服装はどうしようかなぁ~」

 

 

と考えますよね。

 

 

・アウターは何にしようかなぁ?

 

・インナーは何にしようかなぁ?

 

・パンツの色は?

 

・これは色の組み合わせ変かな?

 

 

と、色の組み合わせを

あれやこれやと考える訳ですが、

 

 

最終的に『これでいこう!』と思う時って、

どういう基準で決めていますか?

 

 

おそらく大半のオシャレ初心者の人が、

 

 

『なんとなく』

 

『ノリで』

 

『雰囲気で』

 

 

最終的に、『これでいこう!』

決めているんです。

 

 

それってヤバいと思いませんか?

 

 

何基準で決めているわけでもないのに、

『コレで行こう』はヤバいと思うんです。

 

 

今日はそんなあなたに、

 

 

きちんと理由をもってコーデの配色を

考えてもらうための、

 

 

ちょっとした

”テクニック”を伝授しようと思います。

 

 

「なんかしっくりこないんだよな~」

 

 

毎日感じるあなたも、

 

 

このテクニックを始め

色んな理論を学んでいくことで、

 

 

なんとなくOKではなくて、

 

 

『自信を持ってOK!』

 

 

と感じられるようになっていくはずです!

 

 

オシャレな人は、

 

 

みんな自分なりの理論に無意識に

したがってコーデを組んでいます。

 

 

こちらの記事でその辺については

詳しく解説しましたね。

 

www.yaoki-fasnavi.com

 

今日の記事は、

 

 

オシャレ初心者のあなたの、

”なんとなくの質”を上げるための記事です。

 

 

パンツとトップス、色の組み合わせ

 

パンツとトップス。

 

 

つまり、

 

 

上半身の服(=トップス)と、

ズボン(=パンツ)のことですね。

 

 

そこに、

 

 

帽子や小物、靴などがプラスで

入ってくるというイメージです。

 

 

このトップスパンツは、

コーデ全体の中でも大半を占めていて、

 

 

何色を選ぶのか、

特に印象を左右する大事なポイントです。

 

 

以下のコーデを見てみてください。

 

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20160428200645j:plain

 

 

こちらは僕のWEARの一覧ですが、

 

 

これを見て、

 

 

まずはトップスとパンツの

色に注目してみてください。

 

 

ですよ。

 

 

色。

 

 

いろです。

 

 

どうでしょう?(笑)

 

 

何か気づくことはあったでしょうか?

 

 

トップスとパンツと言いましたが、

 

 

もっと言えば、

 

 

服装の中で隣り合う色全て

に言えることです。

 

 

つまり、

 

 

・【アウター】ー【インナー】

 

・【トップス】ー【パンツ】

 

・【パンツ】ー【靴下】

 

・【靴下】ー【シューズ】

 

 

 

などの組み合わせです。

 

 

これらを観察したとき、

 

 

100%とは言いませんが、

ある共通点があります。

 

 

それが、今日のポイントになります。

 

 

隣り合う色は同色にしない

 

もう一度画像を見てみましょう。

 

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20160428200645j:plain

 

 

ふむふむ....。

 

 

お!!??

 

 

よくよく見ると、

 

 

隣合う色で同じ色を使っている事は

ほとんどない事に気づくはずです。

 

 

特に【トップス】ー【パンツ】

の組み合わせでは、

 

 

100%、隣り合う色味は違っていますよね。

 

 

そして画像左下のような、

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20160428204357j:plain

 

 

ダークトーン(緑)】(=トップス)

×

ダークトーン(ネイビー)】(=パンツ)

 

 

 

の組み合わせの場合、

 

 

間に白をレイヤードさせて、

同系色が並ぶのを防いでいます。

 

 

※レイヤード

=重ね着のこと。

 

 

 

そう、

つまり今回の最大のポイント

 

 

隣り合う色は同色にしない!

 

 

という事です。

 

 

そして特に、

 

 

【トップス】と’【パンツ】のように

コーデで大きな面積を占めるパーツ同士は、

 

 

ダークグリーン】と【ネイビー

 

 

のような近いトーンの場合も

出来るだけ避けたほうが良いです。

 

 

その際は、

 

 

両者の間に明るい色味を入れて

色の境界を生み出してやる。

 

 

 

これを一つ、

頭に入れながら配色を考えるだけでも

 

 

コーデにメリハリが付いて、

グッとコーデが映えるようになります!

 

 

【補足】

※この配色テクニックは

絶対ではありません。

 

 

これを使わなくても

まとまりを出すことは可能ですが、

 

 

初心者の場合は難しいので、

 

 

最初はコレを守りながら

コーデするのをオススメします。

 

 

 

まとめ

 

コーディネートを考える際に、

大事な概念の1つが、配色。

 

 

コーデするときは、

 

 

隣り合ったパーツの色を

同色にしないのがセオリー。

 

 

特にトップス×パンツのような

面積の大きなアイテム同士は、

 

 

同系色を隣合わせにするのも

避けたほうが良い。

 

 

明日からこれらを意識して、

是非コーデを組んでみてください!

 

 

いつもよりしっくりくるのが

分かると思いますよ^^

 

 

オススメEBook(無料)

 

雑誌やネットを見ても全然分からず5年も 悩まされた僕自身の経験をもとに、

初心者がおさえるべきツボ』に特化した オシャレ初心者のバイブルとも言える マニュアルに仕上げています。