読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~服を売らない店員さんの~初心者ファッション塾

服を売るのも売られるのもうんざりしたから、マイペースにオシャレを教える元外見コンプレックスな店員のブログ

外見心理学をベースに体系的なオシャレを学べる
20代~30代メンズのためのファッションブログ

二度と白パンツを買いたくなくなるような事を書きます。。


↓春コーデ特集ページスタート↓


このブログの著者:小林弥起(服を売らない店員さん)

『服を売らない店員さん』として初心者にオシャレをアドバイスしている、現役のショップ店員。毎月のブログ読者10万人とLINE@読者1500人に向けてせっせと記事を書いています。TEMPERという日本初の天パコミュニティや、オシャレの相談が出来るサロンなども運営中。→詳しいプロフィールはこちら

小林弥起
(服を売らない店員さん)

こんばんは、小林です。

 

 

あなたは白のパンツが好きですか?

 

 

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20160429172056j:plain

https://cdn.kaumo.jp/element/739_1413766742_4498.jpg?w=360&h=500&t=resize&q=90

 

 

あなたの周りの友達でちょっとだけ

オシャレが好きな友達って、

 

 

よく白のパンツを

履いているのではないでしょうか?

 

 

服装を考える際、

 

 

モノトーン(=白・黒・グレー)

をどのように使っていくか?というのが

 

 

めちゃめちゃ重要になるという事は、

 

 

僕のブログをよく読んで頂いている方は

嫌という程分かっていると思います。

 

 

本日はその中でも『パンツ』

何色を持ってくると、どうなるのか?

 

 

という事を簡単にわかりやすく

紹介しようと思います。

 

 

モノトーンの中でも、

とくに白は清潔感を最も強調出来て、

 

 

かつ女の子ウケも抜群なんですね。

 

 

しかしながらこの白は、

 

 

一歩間違えれば『チャラい』印象も

与えてしまう難しさもあったりします。

 

 

http://okguide.okwave.jp/uploads/attachment/file_35/105963/size_330_________3_.jpg?1337233052

http://okguide.okwave.jp/uploads/attachment/file_35/105963/size_330_________3_.jpg?1337233052

 

 

逆に黒や濃いネイビー・ダークグレー

などは暗いイメージがある反面、

 

 

上手く使うとあなたを大人っぽく、

落ち着いて洗練された印象

引き上げてくれます。

 

 

今日あなたには、

 

 

きちんと『モテる』パンツの色の使い方

持ち帰ってもらおうと思っております。

 

 

パンツに明るい色を持ってくるな

 

僕のブログの読者には

学生さんが多いと思っていますが、

 

 

特に学生さんとかだと、

『白』のパンツがすご~く好きですよね。

 

 

後はベージュのチノパンとか。

 

 

そして、ネットで

 

 

「メンズ 服装 モテる」

 

 

みたいに検索すると、

 

 

高確率で

白のパンツやベージュのチノパンを

使ったコーデがいっぱい出てきます。

 

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20160429172506j:plain

 

 

やらかしてるなぁ~と思うんですよね。

 

 

僕から言わせれば、

 

 

白のパンツやベージュのチノパンは

難易度かなり高めなアイテムです。

 

 

センター試験の数学で、

最後の文章問題から

解いているようなもんです。

 

 

ストレートを打てもしないのに、

変化球を打つ練習ばっか

してるようなもんです。(笑)

 

 

パンツに明るい色を持ってくると攻めた印象に

 

実は、

 

パンツに明るい色を持ってくると、

少し攻めた、はじけた印象になります。

 

 

もしあなたが学生で

まだまだ大人ではないとすれば、

 

 

白のパンツはあなたを幼く見せます。

 

 

ガキっぽくみせてしまいます。

 

 

こちらの記事はレディース向けですが、

同じような事を書いていました。

 

fashion.visjp.comより引用

おしゃれの配色テク5.トップスとボトムスの配色の意味を知っておこう

トップスに明色、ボトムスに暗色を持ってくると、コーディネートの雰囲気が落ち着きます。

ボトムスの黒やグレーはコーデに安定感が出ますので、配色に自信がない人にはこちらがおすすめです。トップスの色もとても合わせやすいはずです。

逆に、トップスに暗色、ボトムスに明色を持ってくると、コーディネートがアクティブな雰囲気になります。

使いやすい白、ベージュ、水色のボトムスは軽やかな感じになりますが、トップスに持ってくる色は、いくつか合わせてみて、マッチするものを無難に着回すことからスタートしましょう。

 

 

そして小林的な考察では、

 

 

もう一つ、白のパンツが使いづらい

理由があると考えています。

 

 

それは、

 

 

特に高校生や中学生の子の話ですが、

 

 

少しチャラい感じの子が好んで

白のパンツを履いているからです。

 

 

いわゆるお兄系、

サーフ系のファッションですよね。

 

 

これが悪いとは全く言いませんが、

好みは正直分かれます。

 

 

僕はこういう感じの服装をしている人は

ハッキリ言って苦手なのですが、、、。

 

 

それは置いといて。

 

 

とまあ、

 

 

こういった理由で明るい色のパンツ

とりわけ白のパンツは、

 

 

少しとんがった印象を

与えてしまいがちだということです。

 

 

【補足】

※もちろん白のパンツをさらっと綺麗に

着こなすこともできますが、

 

 

難易度が高いのでオススメはしない、

ということです。

 

 

そしてそれに加えて、

 

 

僕の身の周りのオシャレでモテる人たちは

ほぼほぼ白のパンツを履いていない

 

 

というのが何よりの理由に

なるでしょうか。。

 

 

暗い色味のパンツは落ち着いた雰囲気を

 

逆に黒やダークグレーなどの

暗い色をパンツに持ってくると、

 

 

コーデに落ち着いた印象を与えてくれます。

 

 

引き締まるようなイメージです。

 

 

正直に言うと、

 

 

パンツに暗い色を持ってくるのと

明るい色を持ってくる難易度を比べたら、

 

 

ガンバ大阪に勝つか

バルセロナに勝つか

 

 

というくらいのレベルの差があります(笑)

 

 

そして何より、

 

 

僕自身パンツには

基本的に暗い色をチョイスしてます。

 

 

明るい色を選んだ場合は、

 

 

いつもよりしっかりとコーデを

考えないと厳しいですね。

 

 

ですので新しくパンツを買い足すなら

 

 

濃紺のデニムや、黒のスキニー、

スラックスなどをオススメします。

 

 

白か黒か最後はあなた次第

 

とはいえ、

 

 

白のパンツがいけないわけ

ではありません。

 

 

白のパンツをさらりと

着こなしている人を見たら、

 

 

「おぉ~すごいなぁ~」

 

 

という風にため息が出ます。

 

 

ストレートよりも先に

変化球が打てるようになりたい!!

 

 

というドMなあなたは、

 

 

白のパンツをガンガン使って行くと

良いのではないでしょうか?

 

 

オススメEBook(無料)

 

雑誌やネットを見ても全然分からず5年も 悩まされた僕自身の経験をもとに、

初心者がおさえるべきツボ』に特化した オシャレ初心者のバイブルとも言える マニュアルに仕上げています。