~服を売らない店員さんの~初心者ファッション塾

服を売るのも売られるのもうんざりしたから、マイペースにオシャレを教える元外見コンプレックスな店員のブログ

外見心理学をベースに体系的なオシャレを学べる
20代~30代メンズのためのファッションブログ

つば広の流行~衰退に見る『トレンド攻略法』


このブログの著者:小林弥起(服を売らない店員さん)

『服を売らない店員さん』として初心者にオシャレをアドバイスしている、現役のショップ店員。毎月のブログ読者10万人とLINE@読者1500人に向けてせっせと記事を書いています。TEMPERという日本初の天パコミュニティや、オシャレの相談が出来るサロンなども運営中。→詳しいプロフィールはこちら

小林弥起
(服を売らない店員さん)

あなたは、

『つば広ハット』をご存知ですか?

 

 

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20160424180502j:plain

http://img5.zozo.jp/goodsimages/208/5173208/5173208_8_D_500.jpg

 

 

 

一昨年辺りから、去年末辺り

までにかけて徐々に流行りを見せた、

 

 

あの”つばの広いハット”です。

 

 

今まであんなつばの広いハットを

普段着で使うだなんて、

 

 

一般層では考えられなかった

ことだったと思います。

 

 

だって冷静に考えて、

 

 

まあ元々オシャレな人はまだしも

オシャレ慣れしていない人が

 

 

あんな攻めたアイテムを使うなんて

結構ヤバいと思いませんか?

 

 

めちゃくちゃ勇気いるでしょ(笑)

 

 

それが、

あれだけの流行りを見せた。

 

 

特に去年の年末

今年の頭くらいまでの時期、

 

 

街を歩いていたら

本当にびっくりするほど多くの子たちが

つば広ハットをかぶっていました。

 

 

いやはや、

慣れってすごいなぁと。

 

 

しかし、

あなたが本当に流行を操りたいなら、

 

 

当然ですが流行してから

乗っかっていては遅すぎます。

 

 

今年の頭にデビューした人は、

遅すぎます。

 

 

去年の年末にデビューした人も、

遅すぎます。

 

 

流行りすぎて

飽和状態になってしまうからです。

 

 

matome.naver.jp

 

この記事では

流行りとの向き合い方と、

 

 

オシャレ初心者が上手く

 流行りを取り入れる方法

 

 

さらに一歩先のオシャレ

 目指したい方が流行りを操る方法

 

 

 

そしてそれを踏まえて、

 

 

今乗っかるのが

 ベストなアイテムは何か?

 

 

 

という話をしていきます。

 

 

『流行り』に振り回されがち

みなさんもこの記事を読めば、

 

 

流行りと上手く向き合う事が

出来るようになり、

 

 

あなたのコミュニティの中で

 

 

『トレンドに敏感なオシャレボーイ』

 

 

という立場を手に入れる事が

できるようになるかもしれません。

 

 

つば広ハット、流行元は”三代目”

 

流行りがあれば、

必ずその発信元があります。

 

 

例えばつば広ハットの場合はそう、

三代目 J Soul Brothersですね。

 

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20160424203434j:plain

 

 

特に去年2015年の一般層での流行は、

三代目による影響がやたらと

色濃く出ていました。

 

 

MA-1×つば広の組み合わせや

チェックシャツ×つば広の組み合わせは、

特に流行中の流行でしたね。

 

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20160424201032j:plain

http://i7.wimg.jp/coordinate/dpzgmi/20151005104633013/20151005104633013_500.jpg

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20160424200937j:plain

 

http://blog-imgs-90.fc2.com/u/s/a/usan10/w621_20141126184244837_500.jpg

 

matome.naver.jp

 

 

このまとめで

 

 

「ミーハー過ぎる・・・」

 

 

否定的な意見を出されているのも、

 

 

この『MA-1×つば広』の組み合わせや、

『チェックシャツ×つば広』の組み合わせ

 

 

というド定番すぎる

取り入れ方をしているからなんですね。

 

 

あとは

 

 

みんなが揃いに揃ってマネし初めている

時期に乗っかって

マネをしていることに対しても、

 

 

冷めた目で見られているのではないかな、

と思います。

 

 

しかしマネすることを

否定しているのではありません。

 

 

むしろ僕は、

 

 

ガンガン真似をしていけ、パクっていけと

奨励している側の人間です。

 

 

 

 

ですが今回のように、

 

 

一時の流行りを何も考えずに

真似してしまうと、

 

 

とんでもないミーハーだと

見られてしまうリスクが高まるのです。

 

 

時系列でつば広の流行を整理してみる

 

流行には当然、

流行りと廃りがあります。

 

 

例えば、

 

 

今回のつば広ハットの場合なら

流行りすぎて街に人が溢れかえった。

 

 

そして去年の年末頃には、

 

 

もはや流行の域を超えて

『ありきたり』の域に達していたのです。

 

 

時系列で、

つば広ハットの印象を整理してみましょう。

 

 

【一昨年2014年頃】

 

特にオシャレに敏感な層を中心に

つば広ハットが流行し出した。

 

このときの流行は三代目の影響ではなく、

 

もっと根源的な流行元や

時代の流れから自然に

生まれた流行だと思われます。

 

(どこから生まれたのかはリサーチ不足です)

 

 

 

【2014年末頃~】

 

その流行りから、

アパレル店員や美容師など

 

オシャレに敏感な層を中心に

つば広ハットを使う人が増えてきた。

 

 

【2015年頭頃~】

 

三代目ブームと共に、

 

三代目がつば広ハットを

好んで使う事が多くなった。

 

それを見てさらにオシャレ好きな

一般層でも徐々に使われるようになった

 

【2015年春~夏】

 

つば広ハットが大流行。

街でも何人も見かけるように。

 

ちなみに2014年頃につば広ハットを

使いだした層はこの頃すでにほぼ

つば広を使う事は無くなっている。

 

【2015年冬】

流行が完全に

一般層にも降りてきた時期。

 

この時期につば広を使い始めた人は

だいたいミーハー扱いされがち。

 

 

 

とまあ、ざっとこんな流れでしょうか。

 

 

(個人的な主観も入っているので

多少ズレはあるかもしれません。。)

 

 

つまり、今回のつば広の流行りを

例に取り上げると、

 

 

2015年の春頃での使い始めが

ギリギリラインといったところです。

 

 

(レベル別)流行の取り入れ方

 

流行を取り入れることによって、

 

 

『トレンドに敏感な人だ』

 

 

と周りに思ってもらうには、

 

 

取り入れるタイミングに

ポイントがあります。

 

 

そしてこのポイントを間違えてしまうと、

 

 

先ほどのように『ミーハー扱い』

されてしまうことになります。

 

 

ただしここで一つ注意しておきたいのは、

 

 

あなたがどのレベルの層に居るか、

あるいは居たいのかによって

 

 

その”ポイント”

かなり変わってくることです。

 

 

ですので、ここではレベル別

流行を取り入れるポイント

小林的な観点から紹介します。

 

 

①雑誌に載りたいレベルの層

 

雑誌に載りたいレベル

オシャレになりたいのなら、

 

 

『流行っているな』と感じている流行に

乗っかっている時点でアウトです。

 

 

まだ周りが気づいていない、

 

 

まだ被ることのない一歩先の

流行を抑える必要があります。

 

 

ですのでNAVERまとめなどに掲載されたり、

流行の紹介記事が出てくるより前に、

 

 

それ取り入れていく必要があります。

 

 

というかそれくらいオシャレな層は、

基本的に流行に乗っかりたくないので

 

 

『流行から外れた部分』

 

 

を常に追い求めていますね。

 

 

②街中で『おっ』と思わせたいレベルの層

 

街中で『おっ』と思わせたいなら、

少しくらい流行に乗っかってもOKです。

 

 

ポイントは、

 

 

流行り出しの頃にどれだけ

いち早く気付いて取り入れられるか。

 

 

NAVERまとめで、

 

 

『今年の新トレンド』

 

 

という感じで紹介され始めるくらい

取り入れられれば十分OK

というところですかね。

 

 

普段から雑誌やネットで

ぼちぼち情報収集していれば、

これは出来そうですね。

 

 

③サークルやクラスなどコミュニティの中でオシャレだと思われればOKな層

 

友達などの間で『オシャレさん』

と思われたいのであっても、

 

 

本当はやはり②くらいのタイミングで

取り入れられるのがベストです。

 

 

しかし、

 

 

あなたの所属しているコミュニティ、

 

 

例えば学校やクラスやサークル

オシャレに鈍感な場合。

 

 

そして、

あなた自身オシャレ初心者

まだまだ分からない事がたくさんある場合。

 

 

この場合は、

 

 

もう少しがっつり街で流行っている時期に

取り入れだしても遅くはありません。

 

 

しかし、もしあなたが

 

 

・普段から雑誌も読むことなく

 

・情報収集などをする習慣もなく

 

・店に行くことも少ない現状であれば、

 

 

「流行ってるなあ」

 

 

あなた自身感じた

タイミングで取り入れるのはアウトです。

 

 

それよりも一歩先に情報をつかんで、

そのタイミングで乗っかりましょう。

 

 

で、今乗っかるのが良いのは何なの?

 

これを踏まえた上で、

今の流行と照らし合わせてみましょう。

 

 

つば広を例として挙げたので

かぶりものの括りで言うと、

 

 

今一番狙い目の1つは

『ローキャップ』です。

カーブキャップとも言いますね。

 

 

つばの曲がった、キャップの事です。

 

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20160424194326j:plain

 

これが去年の冬ごろから

つば広に取って変わっていたのですが、

 

 

ようやく浸透してきましたね。

 

 

三代目のような大きな流行がまだ発生

してはいないので、つば広ほどに

流行る事は無いと思うのですが、

 

 

街中でも結構見るようになってきました。

 

 

f:id:totalcoordinate-fashion:20160424194643j:plain

wear.jp

 

意外と使い勝手が良くって、

僕もちょいちょい使っています。

 

 

オシャレガチ勢は既に見切っている

 

ちなみにもっとオシャレに敏感は層は、

 

 

結構前から既にローキャップに

飽きています。笑

 

 

流行り出してしまったので、

 

 

人と被りたくない彼らは

次を見据えています。

 

 

普通に周りから「オシャレだね」と

言われるためなら、

 

 

別にここまで

敏感になる必要もないのですが、

 

 

あえてさらに先を行ってる方たちの

頭の中に潜りこんでみましょうか。笑

 

 

色々みんなと被らないように

考えていくわけなのですが、

 

 

その中の候補の1つが、

『つば広ハット』です。

 

 

え!?と思うかもしれませんね。笑

 

 

なぜここに来てつば広かと言うと、

 

 

一周回って

みんなが使わなくなった、

 

 

つば広ハットをここに来て

あえて再投入するんですね(笑)

 

 

 

 

もちろんMA-1と合わせるといったような

三代目ファッションをするのではなく、

 

 

彼らのファッションに

つば広ハットをスパイスとして

取り入れます。

 

 

これがまた、

周りと被らないので粋なんですね(笑)

 

まとめ

 

ここまで流行の乗っかり方や

タイミングなどを解説してきましたが、

 

 

流行は単なるスパイスです。

 

 

いつの時代にも通用する、

 

 

ベーシックなスタイルをマスター

するのが優先順位としては先です。

 

 

しかし、

流行というスパイスを上手く取り入れ、

 

 

扱えるようになると

オシャレがもっと楽しくなってきます。

 

 

そして、トレンドに敏感だと

 

 

友達やコミュニティの中で『オシャレ』

だという印象を持ってもらいやすいです。

 

 

いずれにせよ、ポイントは

いかに早く察知して取り入れていくか。

 

 

常に情報収集することで、

 

 

『ミーハー』

 

ではなく、

 

『トレンドに敏感』

 

 

だと思われるようになりたいですね。

 

オススメE-Book

 

雑誌やネットを見ても全然分からず5年も 悩まされた僕自身の経験をもとに、

初心者がおさえるべきツボ』に特化した オシャレ初心者のバイブルとも言える マニュアルに仕上げています。(全201ページ)