~服を売らない店員さんの~初心者ファッション塾

服を売るのも売られるのもうんざりしたから、マイペースにオシャレを教える元外見コンプレックスな店員のブログ

外見心理学をもとに体系的なオシャレを学べる
20代~30代メンズのためのファッションブログ

脱初心者!失敗しないビビッドカラーコーデの作り方3ポイントまとめ


▼日本初・くせ毛専用ワックスを開発!

f:id:totalcoordinate-fashion:20180627182054j:plain

当メディアの運営者プロデュース!
今までにない質感・ツヤ感をお試しあれ!


このメディアの編集長:小林弥起(服を売らない店員さん)

『服を売らない店員さん』として初心者にオシャレをアドバイスしています。毎月のブログ読者30万人とLINE@読者10000人に向けて、初心者でも外見を変える方法を発信。TEMPERという日本初の天パコミュニティや、買い物同行などもやっています。→詳しいプロフィールはこちら

小林弥起
(服を売らない店員さん)

f:id:totalcoordinate-fashion:20180415174136j:plain


こんにちは!初心者ファッション塾です。


今回のテーマはビビッドカラーコーデ。周りとかぶることの少ない、ワンランク上のコーデです。


そんな「上級者見え」するビビッドカラーコーデですが、作るのは意外と簡単。ポイントを押さえて周りに差をつけていきましょう!

 

 

ビビッドカラーコーデとは


▼ビビッドカラーとは...

蛍光色のような目を引く色のこと。

その他、現職のような彩度の高い色のこと。


ビビッドカラーコーデとは、このようなビビッドカラーでアクセントを出すコーデのこと。決まればかなりカッコいいコーデの1つです。


また、周りとかぶりにくいのも大きな魅力。これをマスターすれば「量産型」になることもないでしょう。


簡単に周りと差別化できるビビッドカラーコーデ。その3つのポイントを早速見ていきましょう!

ビビッドカラーコーデ作り3つのポイント

ビビッドカラーコーデ作りのポイントはこの3つ。

  1. 使うビビッドカラーは1つ
  2. 黒と合わせる
  3. カラーは「チラ見せ」がちょうどいい


これさえ押さえれば、失敗することはまずありません!それでは1つずつ見ていきましょう!

ポイント①使うビビッドカラーは1つ

ただでさえ目を引くのがビビッドカラー。そんな色を2色以上使うとコーデがごちゃっとしてしまいます。


ビビッドカラーはあくまでコーデのアクセント。使用するのは1色にとどめましょう。


実際、1色で効果は十分絶大。これについてはコーデ紹介の部分で実感できると思います。

ポイント②黒と合わせる

せっかくビビッドカラーを使うなら目立たせたい。ということで、他のアイテムは黒でまとめましょう。


グレーやネイビーなどの暗色でも一応OK。ですが、ビビッドカラーが最も映えるのは黒です。


ビビッドカラーコーデで重要なのはメリハリ。特に理由がない限り、合わせるのは黒がおすすめです。

ポイント③カラーは「チラ見せ」がちょうどいい

ビビッドカラーはかなり目立つ色。面積の大きいアウターやボトムスで使うと、ド派手な印象になってしまいます。


ビビッドカラーはあくまでコーデのアクセントに過ぎません。使うなら面積の小さいアイテムで「チラ見せ」がベストです。


特におすすめなのはインナーソックス小物。ちょうどいい具合にビビッドカラーが「チラ見せ」できますよ。


▼ビビッドカラーコーデ作り3つのポイントまとめ

  1. 使うビビッドカラーは1つ
    →2色以上使うとコーデがごっちゃっとしてしまう。
  2. 黒と合わせる
    →ビビッドカラーを目立たせるために、他アイテムは黒で統一。
  3. カラーは「チラ見せ」がちょうどいい
    →ビビッドカラーは面積小さめのインナー、ソックス、小物に。

ビビッドカラーコーデのお手本コーデ5選

それでは早速、実際のビビッドカラーコーデを見ていきましょう!コーデ作りのポイントが押さえられているので、復習しながら見てくださいね!

ビビッドカラーコーデ①

 

f:id:hachimantarou8:20180401101719j:plain

http://wear.jp/tfytyt/11928056/


蛍光イエローを使ったビビッドカラーコーデ。目の引き具合が半端ないですね(笑)


このようにコーデ内でメリハリを出すのが成功の秘訣。ビビッドカラーの周りはしっかり黒で固められています。


また、イエローは使いやすいビビッドカラーの1つ。どの色を使おうかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ビビッドカラーコーデ②

f:id:hachimantarou8:20180401102213j:plain

http://wear.jp/sensenakajima/11722409/


蛍光グリーンを使ったビビッドカラーコーデ。①と同じく、黒アイテムとのメリハリがいい感じです。


やはりインナーにはビビッドカラーが使いやすいですね。見える面積がちょうどいい具合で「チラ見せ」が簡単です。


グリーンも使いやすいビビッドカラーの1つ。周りとかぶりたくない方におすすめですよ。

ビビッドカラーコーデ③

f:id:hachimantarou8:20180402160849j:plain

http://wear.jp/yuno13/8654256/


蛍光オレンジを使ったビビッドカラーコーデ。今度はソックスにカラーがあてられています。


インナーと並んでソックスも「チラ見せ」が簡単なアイテム。いつものコーデのソックスをビビッドカラーにしてみるのもありですよ!


そしてやはり、ビビッドカラー周りの色は黒がベスト。ビビッドカラーの引き立て役として最強の色ですね。

ビビッドカラーコーデ④

f:id:hachimantarou8:20180402161640j:plain

http://wear.jp/mrszk/11024676/


原色のレッドを使ったビビッドカラーコーデ。こちらはインナーとソックスにカラーがあてられていますね。


もちろん、インナーとソックス両方にビビッドカラーを使うのもOK。より大胆でキャッチ―な印象を与えられます。


特に「黒×レッド」は相性抜群。失敗しづらい組み合わせなので、非常におすすめです。

ビビッドカラーコーデ⑤

f:id:hachimantarou8:20180402164341j:plain

http://wear.jp/tfytyt/11928056/


定番の蛍光イエローを使ったビビッドカラーコーデ。ここではサコッシュ(ショルダーバッグ)にビビッドカラーがあてられていますね。


このように、「小物×ビビッドカラー」も使いやすい組み合わせ。ビビッドカラーの帽子やリュックなども定番のパターンです。


普段のコーデにプラスするだけでいいのが、「小物×ビビッドカラー」の優秀なところ。まずは使いやすい小物から試してみるのもありですよ!

ビビッドカラーコーデの作り方まとめ

いかがだったでしょうか!


手軽に上級者感を出せるのが、ビビッドカラーコーデのいいところ。周りともかぶりづらいので脱量産型にもってこいです。


最後にビビッドカラーコーデの作り方をまとめておきます。これを参考に、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

▼ビビッドカラーコーデ作り3つのポイント

  1. 使うビビッドカラーは1つ
    →2色以上使うとコーデがごっちゃっとしてしまう。
  2. 黒と合わせる
    →ビビッドカラーを目立たせるために、他アイテムは黒で統一。
  3. カラーは「チラ見せ」がちょうどいい
    →ビビッドカラーは面積小さめのインナー、ソックス、小物に。

 

▼使いやすいビビッドカラーまとめ

  • 蛍光イエロー
  • 蛍光グリーン
  • 蛍光オレンジ
  • 原色レッド


ビビッドカラーコーデは、やり方さえ押さえれば季節問わず使えちゃいます。いつものコーデにマンネリを感じたときは、この記事を思い出して試してみてください!


では!

 

ライター:ハツマ(@hatsuma_uniqlo

ディレクター:小林弥起(@sc_fas_cod